« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

流れ行く季節

一昨日、FMOをやっておりましたとき、

「マックのチーズ月見バーガー食べたい」
「今月いっぱいだっけ?」
「確かそう」

みたいな会話をスコードロン(他のゲームで言うギルドとか血盟みたいなものです)の面々がしておりました。
うち自信はその会話に加わることもなく、ぺたぺたと自機の設定をしてたよーな気がするのですが、その会話は記憶の片隅にこびりついておりました。

昨日の昼、仕事がずれこみ、ちゃんとした昼飯を食うにはちと時間が遅くなりまして、どーしよーかと迷った結果、
「ああ、チーズ月見バーガーでも食べておこうか。」
なんてことを思いついて、国道のマクドナルドへ。

……既に終わっておりました。

……心の隙間を埋めるように焙煎ごまえびフィレオを噛みしめつつ、時の流れを感じておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

レッスルエンジェルスサバイバー攻略本を攻略できません。

先日、「レッスルエンジェルスSURVIVOR」(PS2/SUCCES)を買いました。

ゲーム自体の大元は、遙か昔PC9801の頃の女子プロレスもののゲームでして、エロゲーとギャルゲーの間くらいの微妙な位置を保っておりました。割と好評だったのか、PC9801用ではシリーズが何本か出ておりました。
後にPCエンジン版とか、SFC版も出ておりましたから、(当時のギャルゲーならなんでも出たPCE状況とか、ゲームならなんでも出たSFC状況を加味しても)そこそこ人気のあったゲームだったのでしょう。

一応、PC9801版でシリーズを一通り遊んでおりましたので、懐かしさを感じたり、GNOでご一緒しているT氏から「面白いですよ」とのお勧めを受けたりもしましたので、先日見かけました時についふらふらと。

んで「団体経営モード」でゲームを開始。
団体名は、、、、今は無きSWSに敬意を表し、「眼鏡女子プロレス」、と。
とりあえず新人テストで「保科優希」が来るまでセーブ&ロード。移籍交渉も「神塩ナナシー」 (訓練中は眼鏡)が出るまでセーブ&ロード。海外提携は「ジーナ・デュラム」、と行きたい所ですが、これをやってしまうと最初の月に興業ができなくなるんで、あきらめて一番安いメヒコのAACと提携。
ジーナと提携は2ヶ月目以降で我慢、と。

※SWSにちなむなら移籍交渉はエース格の「サンダー龍子」のが良かったかも。でも先行きに団体解散の危機が待ってるような気もしますしね。

ともあれプレイ続行。

……
………難しいなぁ。

保科が試合で全敗してるせいなのか、信頼度がめろめろと減っていきます。
このへんのシステム関係て、マニュアルに全然書いてないんですが、どうもただサイコロ振ってるだけのようには見えません。

つーことで攻略サイトを探すと……攻略本「レッスルエンジェルス サバイバー ザ・コンプリートガイド」が出ているのを発見。
攻略本には結構細かいシステム面まで載っているようです。
では早速注文を……あれ、amazonで品切れですか。つーかどこのどなたですか。元値2415円の本を5000円つけて売ってるのは!
よそのネット通販書店を見ると……あれ、どこも品切れ。。。10月発売てなってる所もあるし、まだ出てないのかな?
…いや、買ったつー人もいるし、単純に品切れか。んでも何故に9月16日発売の攻略本が10日もしないで売り切れるかなぁ?つーかなんで攻略本が2415円、プレミア付いて5000円だったりしますか?

……表紙がえろいからですか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

修理交換

昼1時過ぎ、見覚えのない番号が携帯電話にかかってきました。

なんだろーと思いつつ電話を受けると、
「キャノン仙台QRセンターの○○と申します。」
ああ、昨日送ったPowerShotS1ISの修理の件か、それにしても対応速いな。
とかなんとか思いつつ、話を聞いてみますと、

「お送りいただきましたS1ISなのですが、確かにおっしゃるとおり、撮影画像に白い縞模様が入っておりました。」
ふむふむ
「これはCCDの故障でして、本来ならCCDユニットの交換修理、ということになるのですが……」
を?
「実は現在、本機種のCCDの在庫が無く、バックオーダー状態になっておりまして、」
ええ?
「修理ということになりますと、2ヶ月くらいお待ちいただくことになるのですが、」
ほあ……
「保証期間内の故障ですし、あまりに長くお待たせしてはお客様にご迷惑をおかけしますので、」
ふむ?
「現行機種のPowerShotS3ISとの交換でご了承いただけないでしょうか?」
ええー!?

さてはて、そー言われてもなあ、
S3ISて、確かメディアがSDカードになってるんでしょ?CFでなく。あと電池も充電池でしたっけ?
「はい、確かにメディアはSDカードになっております。電池はS1ISと同じく乾電池がそのままご使用になれますが。」
「CFはどの程度お持ちなのでしょうか?」
いや、どの程度て、昔っからうちはCFだったから、そらもういっぱいありますてば。
それによく考えてみれば、S1ISとS3ISて確かワイドコンバーターとかの互換性ないですよね?リモコンシャッターはどうでしたっけ?
「ええと、そうですね、調べましてから折り返しお電話いたしますが、よろしいでしょうか?」
いやまあ、よろしくないてことはありませんからどうぞ調べちゃってくださいな。

…数分後
「確かにお客様のおっしゃる通り、S1IS対応のコンバージョンレンズはご使用になれなくなります。リモコンシャッターはそのままお使いいただけます。」
「ワイドコンバーターとテレコンバーターをおつけしますので、交換ということでご承諾いただけませんでしょうか?」
あ、いや、うちにあるのはワイドコンバーターのほうだけですけど。
「ではワイドコンバーターをおつけいたしますので、ご了承いただけないでしょうか?」

うーむ、さて困った。
手持ちのCFが使えなくなるのはかなり痛いんだけど、もうCF使えるコンパクトデジカメてぇものが無くなりつつあるからなぁ。
でも2ヶ月待ちとか言われると、今度の台湾とかに持っていけないし……
基本性能はS3ISのほうが(あの時期にあえて300万画素とかを採用していたつー、割と趣味の部分は別として)高いはずだしなぁ。
ああ、そうだ、ワイドコンバーターだけ貰っても、レンズフードアダプタが無いと取り付けられないんだっけ。
確かレンズフードアダプタも使えなくなってましたよね?
「ええ、ですので、ワイドコンバーターとあわせてお送りいたします。」

「何卒ご了承いただけないでしょうか?」
うーむ、2ヶ月待ちは痛い。CFが使えなくなるのも痛いけど、まあ、これは後々の事を考えるといっそSDカードに切り替える時期かもしらんしなぁ。
わかりました。S3ISへの交換で結構です。
「ありがとうございます。ワイドコンバーターの手配がございますので、申しわけありませんが、今週末頃の発送となります。」
わかりました。ん、送り先?ああ、はい、送った修理依頼書に書いてる通りで結構ですよ。

……このよーな次第で、S1ISがS3ISに交換、とゆーことになりました。

うう、でもなあ、うちとしてはS2ISが出てる時期に、あえて、CF&300万画素だ、てことでS1IS買った身だからなぁ。
多少性能が向上しようが、S1ISへ感じていた愛着がS3ISに持てる気がしませんわぁ。
たとえ、多少広角側が(2mm程度ですけど)広くなってよーが、望遠側が2倍分延びてよーが、マクロが多少撮れようが、連射性能が微妙に増加してようが、F値がコンマ1程明るくなてようが、S1ISを使い倒したかった気がするのです。

※ 画素数増加とか世間一般では性能向上と思われている事は、CCDサイズとの関係上、実際問題としては性能低下も同然と思っておりますので、除外しております。
1/2.7インチから1/2.5インチとほとんど変わらないCCDサイズで、画素数が倍増してますから、実際のCCD画素1個あたりのサイズは小さくなってる訳で、ノイズが入りやすくなるとか、あんまりいいことはありませんので。
まあ、メーカー各社も色々と努力はしているのでしょうが。

追記:その後、S1ISの情報を探したところ、どうもこの機種、やたらと同様の症状が出ているようで。
まあ、そー考えれば、いつまた壊れるかわからない爆弾かかえてるのも難儀だしなあ。
つーか、本当ならこれ、リコール対象じゃあないのだろーか?
ぐるぐる悩んでるうちに交換承諾しちゃったけど、もうちょい粘って、色々オプション付けさすんだったかなぁ・・・。
素直にワイドコンバーターだけ持ってる、なんて言わなきゃよかっただろか。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

2006年9月、八戸・三沢、基地の旅顛末記、その3

行動開始、つーたものの、先ほどピザを何も飲み物なしに詰め込んだせいでのどが渇き気味。水分が欲しくなりまして、てことで早々に手近な米軍関係者出店の屋台でドクターペッパー¥100+ハンバーガー¥200を調達。
のどが渇いたつーて、水気のないハンバーガーと一緒に買ってたらしょうがないような気はしますが。なお、別に眼鏡の黒人美少女が売り子やってたんで、て訳で買った訳ではありません。
毎年、三沢では屋台のハンバーガーを食べてますけど、おおよそどの屋台もハンバーグとケチャップ以外何も挟まっていないやつを出してます。これがかえってシンプルで美味しく感じられるもんでして、いー味出してます。
いやまあ、おそらくアメリカ牛肉100%のハンバーガーなんで、20年後くらいにBSEで倒れる可能性はありますが、お祭りなのでその辺は見ない振り、と。

今回はせっかくだから「1.アメリカンテイスト溢れる食べ物で、胃袋を満たす。2.どこか街で食べられるような物はなるべく避ける。」という方針で食い倒れることに。

三沢基地航空祭にはじめて来た頃(5,6年前?)から比べると、年々屋台の数が増えてる訳ですが、一体今は何軒あるんだろうか。はじめて三沢の航空祭に来た頃はは米軍関係者が出店してる屋台のほうが多かったような記憶があるけど、今は地元飲食店とか業者とで半々くらいじゃろか?
とゆーか、前々から思ってはいた事だけれど、この三沢の航空祭、飛行機の魅力も大きいんだけれど、数多ある屋台の魅力も大きいんで、こっち方面主体の紹介記事がどっかにあってもいいよなー、と。

そんなつもりで今回、本当ならS1ISにワイドコンバーター付けて、パノラマモードで写真撮って、「屋台全景」とかゆー写真を撮ろうと思ってた訳なのですが……。何故このタイミングで壊れてますか、このカメラは。
まあ、現地来てあらためて見て、1枚のパノラマ写真ごときで収まるような数じゃないことを再確認したのですが。

今年は地上展示機もここ何年かの常連機体ばっかりで、去年のB-1みたいな隠し球もないようだし、とゆーことで、飛行機を撮るとゆー意識はこのあたりで既に半減。
三沢は地上展示機を前からしか撮れないように、管制塔側に機首を向けて、エプロンにずら~~っと並べて、その列の手前に長~~いロープを張って、そこに警備の米軍軍人さんが突っ立ってる、てぇ展示方法を採用しとる訳ですが、去年あたりから、その更に手前にもう1本ロープを張っております。
そのロープとロープの間は通路というか、撮影用スペースというか、つまり陣取れないスペースになってまして、無理矢理人の頭越しに撮影しなくて良い、という工夫になってます。
なので、別段混んでいる時間帯でもそこそこ撮影が楽に出来る、てことで、大変便利になりました。

…まあ、うちのよーなものぐさには「いつでも撮れる」→「今撮らなくてもいいや」→「結局撮らない」てことに往々にしてなりますから、良いのか悪いのか。
今回、結局、エプロン東端のモデル撮影会にも寄りつかなかったしなぁ。噂では水着モデルさんよりも、空自の制服のおねーさんのほうに人気があったと聞きますが。
そっちの写真くらい撮って来るんだったかなぁ……。

ともあれ、ビデオカメラ握りしめ、歩きつつ屋台をずら~~~~~っと撮影。
いや、これが結構良い感じで、ビデオカメラ持って歩いてると、にっこりと手ぇ振ってくれたり、ポーズ取ってくれたり、と、意外や好評。
2006_09_10_8_51_0001  


 
 

「撮られるの嫌がったり、怒ってくる人とかもいるかもしらんなぁ」、とか思ってたんだけれど、このへん、やっぱりアメリカ人は陽気なのか、それともお祭りの空気がこうさせるのか?個人的には、大多数のアメリカ人は陽気なお人好しだ、とゆー説を採りたい所ですが。

ともあれ、ビデオカメラ握りしめて屋台を歩きつつ、何か飛行機が飛ぶたびにカメラを空に向け、の繰り返し。
飛行展示もちびっとは撮り、
「wings.wmv」をダウンロード

ナチョスwithチリチーズを食べて(チリとは言うもののほとんど辛くはない。しかしこの食べ物は何より重量感があるのだ。結局同行者数名に半分まかせた)、
2006_09_10_10_03_0001  

 

 
微妙にやる気の無さそーなあんちゃん達から、タコス&ソーダ(ドクターペッパー本日2本目)\200也を買って食い、
2006_09_10_11_06_0001  
 
 
 
 
 
…うむう、今回はKOREAN GRACE なんたらの牛焼き肉弁当は無かったなー。去年、一昨年と(BSE問題の最中に)食べて、美味しかった覚えがあったので期待してたのですが。
今回、ビビムパップてぇ弁当を出してた所とか、タイ式の焼きそば(パッタイ)やらグリーンカレーやらを出してる店は2軒ほどあったけど、その辺は岩手でもそれなりに、ましてや東京あたりにでも出れば普通に食べられるので今回はパス、と。
今回三沢初登場はステーキセット。前に横田の基地祭行った時に、ステーキセットを出してるのを見たことがあったんで、誰かそっちからアイデアを持ち込んだのではないかと。
ただ、ジャガイモのサラダとパンとステーキ&ソーダで\1,000、何年か前の横田では確かソーダ無しで\1,500だったので、横田より安めではあるけど、無理して食う程ではないかなー、と。
それこそステーキなんぞ、そのへんのお店で食べりゃいいんだし、とか思ってたら、昼頃にはかなり行列してましたっけ。キミタチ、そんなにアメリカ牛が食べたいのかね?

しかし、今回のドル=円レート、意外と良心的だなぁ。ほとんどの屋台が1ドル=100円換算だよ。高くても1ドル=110円くらいで。為替の実レートよりも有利ではないですか。
5年前とかはこんな感じのレートだったんだけど、去年一昨年あたりは、1ドル=150円くらいだったよーな気がするのですが。うむうむ、日米友好日米友好。

日本人がやってる屋台は今回、意識的に避けてたのであんま覚えてません。大体、大きめなお祭りにあるような屋台の食べ物があらかた…あ、いや、よく考えるとわたあめとか、リンゴ飴みたいなのは無かったな。チョコバナナとかはあったけど。青森てことで、いかとかの海産物を串に刺して焼いたのとかは結構あったように思いますが。
三沢の航空祭には、老若男女、日米問わずの観客が来てますんで、意外とこーゆースタンダードな食べ物も売れていたようです。あと、昼前はかなり気温が上がってたので、氷ものが結構売れてたよーです。
そりゃまあ、うちもあまりの暑さにタオルをどっぷりと水に濡らして、頭からかぶってたくらいですし、この時期にしてはかなり気温が高くなってましたから。
「Don't Drink」(←記憶不正確)とか書いてはいたものの、給水タンクも会場内の何カ所かに置かれてたのは、熱射病を心配してのことでしょーか?

基地祭とゆーのはどこでもたいていそうですが、滑走路脇のエプロンでやってますけど、これは大抵白っぽいコンクリートで出来ております。なもんで反射がきつくて、普通の倍、日焼けするとゆー。
うちは何年か前に、通常の3倍のスピードで動けそうなくらい真っ赤に日焼けして、酷い目にあった経験がありまして。もう二度とあの轍は踏むまい、と、以後こーゆー場所では日焼け止めを塗るのを忘れないようになりましたともさ。
女性向けの商品だと思いますが、ニベアサンプロテクトシートてぇ商品が持ち歩き&塗り直しに便利なんで愛用しとります。
同行者のS氏(夫妻のほう)は、あえて日焼け止めを塗らず、日焼けを楽しんでたよーですが、その後どーなったんじゃろうか…。(帰宅してから1週間以上経つ今日現在までに生きてる報告はありません。)

とかなんとか、食い倒れてるうちに正午を過ぎまして、天気予報通り、暗雲立ちこめ、風邪が強くなってきました。つーて、気温は高くて蒸し暑いままなんですが。
基地祭日程もなかほどを過ぎ、残る目玉はブルーインパルス、て状態なのですが、これはどーみてもまともに演目こなせそうに無い天気だよなぁ。
「どうする?俺疲れたし」
「いや俺も疲れてるけど、もしかするとやるかもしんないし」
「こんだけ雲あって風吹いてたら駄目だろう」
「まだ開始時刻まで1時間くらいあるから天気回復するかも」
などと相談。
結局、「じゃあ、正門すぐのフードコート(朝方、正門で「日本円もok」てなチラシを配ってたのです)まで一時撤退しない?天気回復しなかったらそのまま帰れば良いし、回復したら、バスでエプロンまで戻れば良いんだし」て意見が通りまして、ブルーシートをたたみ、荷物を片づけ撤収開始。

エプロンまでのバス待ち行列に並ぶこと十五分……。待てども待てどもバスが来ない。しまいにゃ、体格のいい白人のあんちゃん達が氷水に各種ソーダぶち込んだクーラーボックス担いで行商してくるし(ここでドクターペッパー購入&飲む。本日3本目のDP)、これは待つより歩いたほうが早いかなー、て話になって、結局フードコートまでてくてくと。
途中、日本撤退済みのバーガーキングを発見(後に知った所では、この日はこちらも日本円で買えた模様。試してみたかったねぇ)。こっちでも良かったかなー、とか思いつつそのまま通過。雨もパラパラと降ってきたし、これはもう今日のブルーインパルスの演技は絶望か、とゆー判断もありました。

フードコートで「何か冷たいものでも」とか思ってた一行ですが、たどり着いてみると、えらい混雑っぷり。人いきれで蒸し暑く、クーラーが効いてることを期待してた我々一行はたっぷりと挫折感を味わいつつ、
「あー、うー、俺はもういいや」
「あー、んじゃ俺はこっちで飲み物だけでも」
「トイレ行ってくらー」
正直、このフードコート内のちゃんとした商売では、ドル=円レートも通常の為替レート並だった模様で、値段がちと高め。値段相応感が無くて「無理に食わなくてもいーか」状態に陥りまして、うちがサーティワンでアイスクリームを、もう一人がなにやら「なんたらカプチーノ」とかゆーアイスコーヒーのようなものを飲んだきり。
館内が人多すぎて蒸し暑かったこともあり、早々に退出。みやげもの売り場で「ドクターペッパー12缶入り箱\400」とゆーのを見かけて、えらく心惹かれましたが、重さと体力の無さを天秤にかけて断念。

雨がぱらつく中、正門から基地外へ。轟音が鳴り響くので、北の空を見やれば、やっぱりブルーインパルスは航過飛行。やっぱり、というか、がっかり、というか、足取りも重く、途中、毎年寄ってるスーパーマーケットで若干の飲料、食料等を調達して、トイレに寄り、駐車場着。
その後数時間におよぶ(高速道道中の全SAに寄ったりっしてるからですが)長い帰宅ルートがある訳ですが、そこらは以下略、と。

来年はブルーインパルスの演目がちゃんとみたいなぁ……、などと思いつつ帰宅。


■今回のトピック■

★中身は
「kigurumi.wmv」をダウンロード
中身も女の子でした。
一瞬、着ぐるみ脱いでましたが、当然取り損ね。

★大きいなぁ…
上山道郎とゆー漫画家さんがおられます。うちは「鉄鋼機ガイラ」(てんとう虫コミックス/小学館)のあたりから、コミックスも買ったりするようになったのですが、掲載誌がコロコロであろうか、読者の心をつかみつつ、ハード目な展開をする方で、好きな漫画家さんの一人です。
最近、この方のHPとゆーかblogをみますと、こう、なんといいますか「おっぱい」の大きなおねーちゃんの絵が非常にたくさん描かれております(眼鏡率もひそかにかなり高め)。
なんで基地祭について書いた後で、こんな事を書いてるかとゆーと、
2006_09_10_10_53_0001  
 
 
 
 

この売り子のおねーさんをみて、このblogを思い出しちゃった、とゆー。
実は、最初にこのおねーさんの屋台の所でビデオ持って歩いてた時、にっこりと手ぇ振ってくれてたのですが、ビデオチェックしてみたら写ってませんでした……。
このカットだと迫力とかその他諸々、さっぱり伝わらないだろうなぁ…。

うう、来年もいるとええなぁ。

★軍用仕様機?
だったりはしませんか、さすがに。
「segway.wmv」をダウンロード
しかし動いてる実物みたの、初めてですよ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

2006年9月、八戸・三沢、基地の旅顛末記、その2

明けて9月10日。目覚まし時計は朝06:00にセットしておいたものの、最近は目覚まし時計に滅多に負けなくなってしまって、目が覚めたのは05:15頃。
シャワー浴びて目を覚まし、パンツ一丁のままPCを立ち上げ、メールチェックだとか天気予報をチェック。
うむう、やっぱり午後は雨の予想か。窓の外はまるっきり晴れてるんだけど、天気予報も朝方は晴れ、午前中、時々曇って、午後は時々雨、つーてるので、現状では天気予報がほぼ正確に当たっている状況。このあと天気予報が大はずれになることを期待しつつ、PC撤収。

このホテル、去年もここに泊まったんだが、VDSLのネット接続用キットをフロントで渡されて、部屋の電話機から電話線を引っこ抜いてVDSLモデム?に挿して、VDSLモデムから別の電話線を電話機に挿し直し、モデム自体にもACアダプタから給電して、VDSLモデムからPCにはLANケーブルが繋がってて、と、やってみれば難しいという程では無いものの、ケーブルだらけになっていて、ちょっとイヤな感じ。
電話機がベッドの所から生えてる構造じゃなければ楽なんだけど、机とコンセントの位置関係が悪く、ベッドと机の間にケーブルがぶら下がり、そこを通らないと出口にたどり着けない。このへんはなんとかならんものか。

車に置きっぱなし予定の肩掛け鞄のほうに、昨晩さんざんいじったけど結局駄目だったS1IS本体とワイドコンバーター等々を泣く泣く詰め込み、背負い鞄のほうにはDVカメラと日焼け止めだとか、リップクリームだとか、日中使いそうなものだけを絞ってひたすら軽量化につとめる。
9.11以降、米軍さんは手荷物検査をしっかりやるようになったので、不審物と思われかねない代物はなるべく肩掛け鞄のほうに移すのも忘れてはいけない。羊羹なんて持っていったら、形といいプラスティック爆薬か何かと思われるんじゃなかろうか。

07:00、各自チェックアウトを済ませ、車に荷物を積み込んで、三沢へ向けて出発。カーナビの言うことには、大体07:55頃着予定。位置的に百石道路を使わないほうが早く着くてことのようだ。まあ、朝で道路が空いてるから、もうちょっと早く到着できるんではないかと。
結局07:50頃岡三沢小学校に到着。この小学校の校庭が有料とはいえ駐車場になっていることを4年前?に知って、随分と楽になったもので。
それ以前は、てっきり三沢基地内の駐車場に車を止めなければならないもんだと思いこんでいて、朝7時頃に三沢に着いても、三沢基地内に車ごと入るための大行列に並んで、9時過ぎまでさっぱり動かない大行列にぶーたれていたのです。
こっちの車用ゲートはおそらく9時頃にしか開かなかったんで、基地祭会場のエプロン付近に来られたのはいつもオープニングフライトの済んだ9時半過ぎ、という状況で、いつも悔しい思いをしてたんだよなぁ。まあ、基地内の駐車場からエプロンまでシャトルバスが出てたんで、会場まで歩かずに済むとゆーメリットはありましたが。

岡三沢小学校校庭に車を置いて、正面ゲートまで徒歩15分。こちらの正面ゲートはうちらがここに来る頃にはいつも既に開いているんで、おそらく8時前にはもう開いてるんじゃないかと。
正面ゲート入ってすぐの所からは、会場のエプロン付近まで無料のバスも出ていて、今回はこれにさくっと全員乗車。去年は腰が痛かった自分一人だけこのバスに乗ったのでした。まあ、エプロンまで歩くのも、途中に売店があったりして、面白かったんだけどねぇ。
乗ったのはオリーブドラブ色の塗装、ぱっと見には護送車みたいな外観のバスで、中の席と席の間の通路幅が思ったより狭く、よく大柄なアメリカ人がこんなんに乗れるなぁ、とか思ってみたり(もしかすると子供用のスクールバスだったりするのかもしらんけど)。

バスを降りた目の前に米軍さんの手荷物検査があったものの、あっさりくぐり抜けて、08:30頃には会場入り。まあ僕なんかは、人品卑しからぬ好青年に見えますから、当然と言えば当然なのですが。
でもいくら鞄を既に開けて見せて、鞄の中にビデオカメラがある、ってのがわかったとしても、金属探知のゲートが鳴ってるのにそのまま素通りさせる、てのは本当に大丈夫なんかね?担当してる人間が別なんで、止められるかな、とか思ったんだけど。

会場に入るとほぼ同時に、ダブルペパロニのピザ1枚\1500也を購入。手荷物検査終わったすぐの所にピザ屋のテントがあるんだもんなぁ。何年か前まではこのピザ屋が一番人気でねぇ。昼頃には20人×10列とかの行列が出来てて、滅多に食えないものだったんだけれど、最近は他の店がいろいろ頑張ってるおかげで、そんなに人気爆発大行列、て訳ではなくなりました。でも昼近くになればそれなりには並ぶので、朝一番で購入、と。

数多ある地上展示のF/A-18のうち1機に狙いを付けて、その前にブルーシートを広げて、陣取ってしまうやいなや、皆で朝飯にとピザを食い始める。
5年前はここのピザ、\1000で買えたんだがなぁ。今は安いほうのダブルじゃないペパロニピザで\1200円。円安をこんな所で実感する。いやまあ、もしかすると商売上手になっただけかもしれませんが。

さて、今回は、天気予報もあって、飛行展示があまり期待できなかったこともあって、屋台の風景だとか、そーゆーものを中心にビデオに収めたいな、とゆー心づもりで行動開始……(その3に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

2006年9月、八戸・三沢、基地の旅顛末記、その1

そんな訳で昨日今日と、「八戸航空基地開隊49周年記念行事」と、「三沢基地航空祭」に行って来ました。
来年以降もおそらく三沢&八戸は行くことがありましょうから、半ば備忘録として道中記録を残そうかと。

9月9日早朝、ネットで三八上北地方の天気予報を確認、晴れ/曇り。微妙に怪しい天気予報…。朝飯の後、準備しておいた荷物を車に放り込み家を出る。
朝08:45花巻市内某所集合。同行のN氏は集合時間のちょい前に到着済み、S夫妻が多少遅れてきたものの大過なく、その後、夜勤仕事明けのS氏を自宅前で拾ってそのまま八戸へ向けて出発(09:18頃)。
とゆーのも八戸基地祭と三沢航空祭前日のブルーインパルスリハーサルをはしごする予定だったため、時間的にかなりきついことになってるんで、金銭的にも糸目を付けずほぼ全行程高速道路使用(とゆーか盛岡以北なんかは高速道路使わないと、移動だけで半日終わるような行程になるんで)、途中折詰SAに寄っただけで現地に直行。
成人男性4人と成人女性1人を詰め込もう、てことなので普段使ってるプレミオではなく、兄の使ってるクラウンを借りていったものの、普通乗用車に成人5人はやっぱりきついし、普段乗り慣れない車なんでどうにも運転がふらふらしてる(まあいつもあんまろくな運転はしてないのだけれど)。来年は7、8人に人数増やしてゆったり乗用車2台で行きたい所。

11:45頃、八戸海上自衛隊航空基地到着、とりあえずエプロン方向へ向かって歩き出す。
今回の目当ては下総カラーガーズだとは言うものの、海上自衛隊のP3Cだとかに混じって、ご近所から来たとおぼしき陸自のOH-1だの空自のF-2だのが地上展示されていて、しかも 三沢と違って飛行機に下手すると触れるくらい近寄れて、しかも後ろ側に回り込めるとなれば十分以上に魅力があるわけで。
かばんからPowerShotS1ISを取り出し、まずは、とファインダーを覗く……ありゃ?なんで画面が真っ白に??表示もシャッタースピード1/2000、F8.0て、見たことの無い数字が出てる……。あれれ、どこかいじったっけ??
天気は(この時点では)上々だし。これだけ日が出てれば写真撮影に不自由はないはずなんだけどな……。

…数分経過。
…壊れてる。。。

ぐあう、今回はこいつだけでなんとかするつもりで、動画もどうせちびちびとしか撮らないんだからMotionJPEGでもいいか、と昨日1GBのCF調達したばっかだとゆーに。
八戸のほうでは派手な起動展示とかがある訳じゃないんで、予備機とゆーことでDVカメラのほうは車に置いたまま。今から駐車場に戻って撮ってきたんではその後の三沢でのブルーインパルスのリハーサル予定時刻(推定)に間に合わない。

まあ同行者が一通りカメラ持ってきてるんで、必要な画像があれば後で貰うことにして、諦めた。明日も明日で飛行機自体は山のように展示してるんだし。
さて、今日の私的メインイベント、下総カラーガーズはどこで演技するんじゃろ?…そーいえば今回プログラムとか地図とか配ってないな。
しばらくさまよった結果、ハンガーの裏手にお祭り広場つーのがあって、楽団演奏用のステージ(とゆーかブルーシートに椅子置いて、楽器が少々置いてあった程度ですが)があって、客席がその前。それを取り囲むように屋台が何軒か置いてました。
おそらくここでカラーガーズだとか華炎太鼓とかの演目はやるんだろうなぁ。とは思ったものの、さっぱりスケジュールがわからない。食べ物の屋台も行列してて買えそうにないし、PXの食堂も座れそうにない。同行者達と顔見つめ合って「どーしよう?」なんつーてるうちに、12時半も過ぎ、そろそろ三沢に向けて移動開始しないとやばいか、てことでやむなく移動開始。

三沢航空科学館では、ここ数年(つーても科学館自体が出来てまだ3,4年にしかならない)、基地祭の前日15:00頃に駐車場でブルーインパルスJrの公演をやっていて、その直前、14:00頃からブルーインパルスの前日リハーサルが基地上空であるんだけど、三沢基地と三沢航空科学館はほぼ隣接している訳で。つまりほぼ三沢航空科学館の上空でブルーインパルスのリハーサルが行われる、と。

そんな訳で海上自衛隊八戸航空基地基地祭のほうにも未練はたっぷりあったのだけれど、早々に三沢航空科学館へ移動、科学館近くのコンビニで食料少々を調達。
この航空科学館の前庭、芝生で子供向けの遊具なんかもあるし、操縦席に座れるF-104だとかも置いてあって、しかも館内に入らなければ入場料もいらない。ご近所に住んでるなら、天気のいい日なんかはお弁当持ってピクニックなんかもいいかもしれない。

て、ことで、前庭でコンビニのおにぎりにかじりつきつつ、ブルーインパルスのリハーサルを待つ。……天気が段々と悪くなってるような。推定リハーサル開始時刻(何分、公式な展示ではないので開始時刻がどこかに書いている、とかではないのだ)になってもなかなか飛行機が飛んでる様子は無い……。うう、今日はやっぱり天気が悪いしなぁ、とか思っていたところにT-4飛来。なんだけれどもやっぱり天気が悪いためか、行過飛行+α程度で終了。飛んでるT-4も結局3機止まりだった模様。

さて、んじゃこの後どーしよう?館内入る?うちは去年、一昨年も入ったし、今年も展示物変わり映えしなさそーだしなぁ。明日も体力使うだろーし、今日は早々に撤収しますか、てことで15:00からのブルーインパルスJrの演技もパスして、八戸へ撤収。
16:00には宿に入ってひと休みした後、18時過ぎ、宿を出てチェーン系居酒屋の魚民で晩酌&夕飯、てことにして本日終了。
ぐだぐだとノートパソコン相手にメールチェックだとかして,翌日に備えて就寝。。。

■来年の為の要点■
八戸基地祭でお祭り広場から駐車場へ撤収の途中、資料展示コーナーを発見。その名も「うみねこ館」。
本当は時間も無いんで入る気無かったけど、自衛隊のマスコットキャラクター「ピクルス王子&パセリちゃん」の顔出し看板と、飛行中に鳥が激突してぼっかりとへこんだP-3Cのノーズドームがゲートガード宜しくあるもんだから、ついつい中を覗いてしまった、と。
中身はまあ、ハープーンだとかMK44のダミー弾、海上自衛隊の夏冬制服、てあたりで、ひとつを除いて、まあ予想通りの展示。
そのひとつ、てのが、子供サイズの海上自衛隊制服を着て写真撮影できる、てステージで。
丁度うちらが中を見てるとき、7、8歳くらいの女の子が幹部用冬服着て敬礼して写真を撮ってたとゆー、そっち方面の人々にはえらい破壊力ありそうな光景がありましたっけ。
具体的にはこんな感じの(陸さんですが)。

基本的にはうちなんかは、そっち方面の趣味は無いんだけれども、まあ、それでも相応に深刻なダメージを受けたような気がしましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

悲痛

本日9月9日は海上自衛隊八戸航空基地の基地祭でした。
さらに、明日9月10日は航空自衛隊&米軍の三沢基地基地祭です。
とゆー訳で、一泊二日で両基地祭を見物に来ております(06/09/09 21:31現在)。

…なのに何故、持ってきたデジカメが壊れているのでしょうか(落涙)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »