« 台湾迷走行・悪戦苦闘編2 | トップページ | 台湾迷走行・右往左往編2 »

2006年10月24日 (火)

台湾迷走行・右往左往編1

……06/10/06、07:30頃起床(推定。なお、以降、原則として台湾時間)。
カーテンを開け、外を見れば、リバービュータイペイホテルの名の通り、川が見えます。晴れているのにどこかどんよりしているのは気候のせいなのか、はたまた排ガスが多いせいなのか。
Img_0001  

 
 

こっちは光化学スモッグがあると言うしねぇ。

朝飯は、「普段の台湾市内なら結構色々食べる所もある」とのJ氏の話なのだけれど、今日は台湾は中秋節の休日、通勤通学客目当ての屋台にも期待はもてないし、さくっと腹ごしらえしとこう、てことで、味見を兼ねてホテルの朝食バイキングへ。
ツアー料金にはこのホテルでの朝食クーポンも含まれておりますので、手元には三日分の朝食クーポンがありまして。
んでも、ホテルの朝食て、絶望的に不味かったり、種類が少なかったりすることもあるんで、とりあえず偵察に、てつもりで1Fの朝食バイキング会場行きますと、えらく混んでおります。
料理の品数だけはそれなりにあるようですので、どうにか席を確保して、朝食開始。
……微妙。種類は洋中、それぞれ結構ある。
でも味がなんか変、とゆーか外見から想像する味と違う。サラダドレッシングが妙に甘すぎたり、パンがやたらとべたついたり。まあ、これはきっと台湾での洋朝食の流儀なんだろうなぁ。
中華粥とかのほうは試さなかったんで、もしかするとそっちは普通なんだろうか。
ともあれ、余所に行かなくてもいいくらい美味しければ三日間ホテルの朝食でもいいかなー、なんて思ってたんですが、無理して食べるほどではないか。
まあ、サラダ向けの生野菜は貧弱でしたが、果物類はそれなりに種類だけは置いてあり、食物繊維とかビタミンが欲しくなったら喰いにくることにしましょうか。

昨晩の打ち合わせの結果、もし、仮に2006桃園国際航空ショウがあるにしても場所は桃園国際空港近く(google mapを見ますと、桃園国際空港南側に別の滑走路があるようで、おそらく台湾空軍の滑走路かと)だし、代替案である中正航空科学館にしても桃園国際空港内とゆーか空港脇にあるので、ひとまず空港行きましょうか、て事に。

ともあれ、部屋を変わらなきゃならんので、ざっと荷物をとりまとめ、大きいカバンはフロントに預け、背中のディバッグとベルトにつけたカメラバッグ、とゆー格好でホテルを出る。
一応、フロントで桃園国際空港までの移動手段を聞いてみるも、台北駅まで行って、駅前からバスで行け、とゆー潤いの無い返事。
西門駅から台北駅まではMTR板南線で1駅。歩いたほうが早いか、てことでてくてく歩く。
途中にカメラ屋街があるとゆー話だったので、もしもの時のため、場所くらい確認しておきたいな、とゆーつもりもありまして。いや、あわよくばKodakのV705とか売ってないかなー、なんても思ったりはしてましたが。
当然時間的にはまだカメラ屋など開いておらず、カメラのテストがてら風景だけ撮ってそのままスルー。Img_0012
 

 

 

台北駅前で桃園国際空港行きのバスに乗り、4,50分?バス内冷房のきつさに閉口しつつも第1ターミナル到着。
つーても降りた所はある意味当然なのですが、出発ロビー。
J氏が案内所のお姉さんに「中正航空科学館はどう行けば?」と聞いてくれまして、多少の言語上のすれ違いはあったものの、なんとか
「あちらへ行け。」とゆー返事をもらったような気がします。
『あちら』ってどっちのことだろう、とか思いつつ、第1ターミナルの外周をぐるりと歩くと、どうやら空港内循環バスのバス停らしいものを発見。
ただし、次のバスは40分後…。
さて、どーしよう、と周囲を見回すと200mばかり先のあたりは、昨日の到着ロビー出口じゃあるまいか?昨日は時間なくて寄れなかったけど、観光協会の出先があったはず。あそこで「2006桃園国際航空ショウ」について聞いてみましょうか、てことに。

幸い日本語が多少できる女性スタッフが観光協会にはおりましたので、2006桃園国際航空ショウに行きたいのですが、これって中止になったんですか?と聞いてみると、
「航空科学館に行きたいのならば、あちらのバスから無料バスが出ていますので、それに乗ってください。」
……意志疎通出来てるような出来てないような。
ああ、いやミュージアムではなくて、ショウが開催されてるかどうか。なのですが。
……どうも意味がわかりかねている模様。いやそーではなくて、て何度か説明したところ、どこかに電話をかけ始めまして、
「一番日本語の上手な人がいるから。」
なるほど、そっちと話してくれ、てことね、はいはい。ふむふむ、ちょい若そうな兄ちゃんですな。とりあえず一通り説明しなおすと、
「わかりました。問い合わせてみます。」とのこと。
……待つことしばし。
「航空ショウは9月25日から10月5日まででした。」
……え、はあ、そーですか。

調査してくれたことに感謝を告げ、まだバス時刻まで余裕があるので空港内の飲食ブースに移動しつつJ氏に結果報告。
えーと、航空ショウは9月25日から10月5日、つまり昨日までだったそうです。
「本当ですかぁ?」
いやたぶん間違いでしょう。嘘とは言わないけど、何か他のイベントと勘違いしてるんではないかと。
「やっぱり。」
などと、うちら全然信用しとりません。
昨日までだ、つーのなら、もうちょっと情報とか看板とかなきゃおかしいだろう、とゆーことで意見が一致。期間もなんぼなんでも10日間は長すぎるしね。
まあ、意見が一致しても航空ショウが見られる訳ではないのですが。

そんなこんなで、バス時刻まで飲食ブースで時間を潰す。
うちは漢字メニューを見て、さっぱり何がなんだかわからないままに、『推定:お茶』を注文(思い返すと、100元=360円のお茶だとゆーに、紙コップにティーバッグが入ってる、とゆー、えらく味気ない代物でしたが)。
ちなみにJ氏は確かあんかけ焼きそばのようなものを注文。J氏が「よければどうぞ」とゆーので、遠慮なく箸を突っ込ませていただく。まあ、普通のお味。
でも値段、うちの頼んだお茶と大差なかったんだよなぁ。

(右往左往編2へ続く)

|

« 台湾迷走行・悪戦苦闘編2 | トップページ | 台湾迷走行・右往左往編2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50395/12397907

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾迷走行・右往左往編1:

« 台湾迷走行・悪戦苦闘編2 | トップページ | 台湾迷走行・右往左往編2 »