« 台湾迷走行・悪戦苦闘編1 | トップページ | 台湾迷走行・右往左往編1 »

2006年10月21日 (土)

台湾迷走行・悪戦苦闘編2

宿帰ってからのつまみに、と、隣の食堂の店先で売ってた「蚵仔煎(牡蠣のお好み焼き)」を持ち帰りで購入。J氏はJ氏で帰り道、台湾風フライドチキンを購入。
更にファミリーマートでうちはミネラルウォーター(とゆーか水。台湾の水道水は硬水で腹を壊すと言われてましたので、多少柔らかめの水を買ったのです。)と月餅を、J氏は当然のようにビールをそれぞれ買いまして。

このファミリーマート。結局台湾いる間、毎日通ってたことになるのですが、雑誌&本の品揃えがなんとも言えず。
日本のコンビニより小さな本棚に、オンラインゲーム雑誌が数誌置いてあるあたりは国策でオンラインゲーム開発を推奨してるお国だなぁ、と思ったのですが、別の棚には、アニメ雑誌ぽいのとか、「絶望先生3」とか「薔薇乙女6」(…だったかな?どうやら「ローゼンメイデン」の6巻らしかった)とか置いてあります。
ものは試し、て事でオンラインゲーム雑誌1冊も買って、ホテルへ帰還。

部屋に戻り、ネット接続に再挑戦。
……繋がらない。
パスワード入力とか言うてたけど、そもそもそんな画面すら出てきません。つーか街出る前の画面と何も変わってねぇ。
いや、フロントでプリペイドカード買った時には「もしかするとフロントで部屋の回線コントロールでもしてて、それ通してからじゃないとパスワード入力も出来ない仕様なんかな?」とか思ってたんですけど、どーもそんな仕様じゃないっぽい。
てことで、フロントへ行き、年輩のフロントマンへ、
日本語のわかる方はいますか?
「私日本語わかります。いかがなされましたか?」
いや、さっきインターネットのカード買って、PC繋ごうと思ったんだけれど、パスワード入力画面すら出てこないんよ。
「カードはお買いあげになりましたか?」
いや、だから買ったんですてば(微妙に通じてないなー)。
「わかりました、部屋番号はいくつですか?」
○○○号室です。
「わかりました。」
つーて、年輩のフロントマン引き連れて部屋に戻りまして。

ね?全然繋がってないでしょ?
フロントマン氏、接続説明パンフを取り出し、
「このようにやってみてください」とゆーので、
ケーブルがしっかり刺さっていることを確認し、サーバへ再接続試行……
やっぱり駄目。
このあたりを3,4回繰り返し、どーにもならない事を確認。物理的に壊れてるんじゃなかろうか、てことで、フロントマン氏が営繕の人を呼び出す。
んでしばし、機材をあーでもないこーでもない、といじった結果、部屋の反対側にある電話機のケーブルが断線してるかなにかのようで、それが原因だったらしい。
原因の馬鹿馬鹿しさにかなりぐったりとしつつも、一応原因が判明したんで、ほっとした所で何を調べたかったのかを思い出す。

そもそも今回の台湾行の目的は、「2006桃園国際航空ショウ」とゆー台湾空軍基地のオープンハウスだったのです。
なんですが、このイベントの公式サイトが3ヶ月くらい前から突然見られなくなりまして、J氏に東京の台湾観光局行って聞いてもらったり、いろいろ調べてみたのですが、「どうも中止になったらしい」という不確定情報しか手に入りませんで。
「台湾の現地まで行けば、なにか情報があるかもしれない」「まあ、中止になってたらなってたで、それなりに見るものはあるだろう」てことでそのままツアー決定して、台湾まで来ちゃってる訳です。
て、ことで、フロントマン氏に、「2006桃園国際航空ショウ」は開催されているのかいないのか、何か情報は無いだろうか?と聞いてみまして。
「調べてみます」、つーてフロントマン氏一時退場。

……営繕の人、先ほどから電話回線のチェック機みたいなものをあーでもないこーでもない、といじっているのですが、なかなか直らない様子。
何度か「接続出来ないか試してくれー(推定)」と言われて、試してみるのですがさっぱりだめ。
とーとーあきらめた様子の営繕の人、携帯電話を取り出し、フロントマン氏を呼び戻します。
戻ってきたフロントマン氏経由で、状況を聞きますと、
「結論としては、この部屋の回線は壊れているようです。」
「申し訳ないですが、隣の部屋の回線を使っていただけないでしょうか?」
はあ、んじゃ部屋を移れと?
「とりあえず、隣の部屋で試していただけないでしょうか?」
ああ、まあ、とりあえず試すだけなら。つーてPCだけ担いで移動。
隣はセミダブルベッドの部屋で、少々手狭。とりあえずPC繋いでみますと……あっさりホテルの認証サーバに接続。
ぐあう、この1時間半(推定)はなんだったのだ。
「明日は別の部屋を準備いたしますので、今晩だけ、こちらでネットご利用いただけないでしょうか?」
て、こっちの部屋、セミダブルベッドしかないですやん。J氏と同衾なんてのは御免被りたい。
「いえ、ですから、こちらの部屋の鍵を開けておきますので、ネットを使う時だけ、こちらでお願いしたいのですが。」
むー、正直面倒くさいし、そんな半端な対応じゃあ納得はいかないんだが、時間も遅いし、正直眠い。ここで問答しても無駄ぽいなぁ。仕方ねぇ、それで勘弁しときます。
「ありがとうございます。」

「それと先ほどの問い合わせの件なのですが、」
あ、はいはい、どうでした?
「調べてみたのですが、(観光局の日本語サイトに載っている)電話番号以上はわかりませんでした。」
はあ。
「こちらに電話して問い合わせれば良いのですが、この時間ですので、明日にでもお問い合せになってはいかがでしょうか。」
いやまあ、ごもっともなんですけどね。もし万一、明日開催してればなんとか行きたいから、てつもりだったんですが。まあ、時間も時間だし仕方ないか。
てか、やっぱり台北市内とかにもこれの開催情報とかは流れてないぽいなあ。やはり中止だったんじゃろか。
台湾まで来ればもうちょいましな情報が入手できるかと思ったんじゃけどねぇ…。

……そんな訳で隣室のドア開けっ放しで、メールチェック&ネット巡回&GNO。J氏は元の部屋で風呂入ってるつーので、どうにも不用心感ありまくりです。
メッセもつながり、
「あれ?台湾行く、って言ってなかったっけ?」とか言われたりもしまして。
いや、はい、現在台湾におります。

そーこーしてると風呂上がりのJ氏がビールだとかつまみだとかぶらさげてネット部屋に入室。帰り道にうちが買った「牡蠣のお好み焼き」も持ってきてくれたのですが、……ソースでお好み焼き本体がどろどろに溶けています。……水っぽい。
この台湾式「牡蠣のお好み焼き」、作ってる所を見る限りでは、最初に水溶き小麦粉を鉄板に流し、その上で、牡蠣を炒め、最後に卵を溶いて上にかけ、焼き固め、甘めの赤いソースをかけて食べる、とゆーもののように見えてたのです。
なんだけど、この溶け具合は違うなぁ。
もしかすると最初のが水溶き小麦粉ではなくて、水溶き片栗粉なのかもしれん(調べたらやはり片栗粉を使っているとのこと)。
ともあれ、どろどろのお好み焼きを流し込み、「桃園国際航空ショウ」が中止だった場合の代替案「中正航空科学館」までの経路等、明日の行き先についてざっと調べ、J氏とネット使用交代。「大航海時代online」の副官ボーナスを得る為にJ氏がわざわざ持参したThinkpadに繋ぎ変え、うちは風呂とゆーかシャワー使いに寝部屋へ。

………シャワー浴びてぐたっとしてますと、J氏帰還。
「ネット繋がらなかった。」
おや?どーいうこっちゃ。
「パスワードとか入力しても、蹴られてるみたい。」
ネット部屋のほうに戻り、立ち会いで再試行……だめだね、こりゃ。
まさか、1部屋につき、PC1台までしか接続できないようになってる?MACアドレスでもチェックして、使えないようにしてるんかね?でもそんな意味の無さそーな事するかね?
とかなんとか言うてたのですが、夜も更け、日本時間ならもう02:00になろーという頃。台湾でも01:00頃。明日も早いんだし、明日フロントで聞いてみよう、てことで寝る事に。
……無用に疲れた。

(右往左往編1へ続く)

|

« 台湾迷走行・悪戦苦闘編1 | トップページ | 台湾迷走行・右往左往編1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50395/12369946

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾迷走行・悪戦苦闘編2:

« 台湾迷走行・悪戦苦闘編1 | トップページ | 台湾迷走行・右往左往編1 »