« 日帰り上京してきました | トップページ | 今週末と来週末の予定検討、もしくは金銭的影響についての考察 »

2008年9月25日 (木)

「野田昌宏さんを偲ぶ会」に行ってきた

昨日は日帰りで「野田昌宏さんを偲ぶ会」に行ってきました。
あんまり普通の人は読んでも面白く無かろうけれど、備忘録として。

今月前半はばたばたしていたので、事前申し込みし損ね、当日申し込みで第一部のみ参加。
新幹線で上京し、池袋でちと用事を済ませた後、JR千駄ヶ谷駅から徒歩で、会場の日本青年館へ。
受付で金4,000円也を支払い、ネックストラップ付き名札(ネックストラップは2007ワールドコンの余りか何かか?)を渡され、名前を記入。通行証代わりの模様。

会場にはぎりぎりに着いたんで、間に合うか懸念していたのですが、幸い?開始時間が少々遅れていた模様。

内容は基本的にトークショウ形式でプラスして動画、スライド写真。
細かい内容については、公開していいものなんだかよくわかりませんので(確実に公開しちゃダメだろう、てのもありましたが)はぶきますが、大元帥の人柄を偲ばせる逸話、日本SF界の黎明期の裏話、等々。
内心、「つまらない話ばかりで居づらいようなら、途中で帰ろう。パンフに年譜やらも載ってるし、資料を買ったと思えば……。」なんて考えてたんですが、予想外に面白い話が続きまして。
途中で抜けることもなく、終了まで(第一部の)居続け。

ロビーでは野田さんの新刊書籍販売、関連書籍、物品、写真類の展示、等々。
Ph08092301 Ph08092302

コレクターの方の重複した書籍の販売なんかもありまして。
当初、遠慮しいしい見ていたのですが、あまり買う人がいないようなので、最初の休憩時間にハヤカワSFシリーズ版の「太陽系七つの秘宝」(E・ハミルトン/翻訳:野田昌宏)と「宇宙軍団」(ジャック・ウィリアムスン/翻訳:野田昌宏)を各500円で購入。
最後の休憩時間にハヤカワ文庫SFの「スターウルフ」(E・ハミルトン/翻訳:野田昌宏)三部作を各200円で購入。

「事前申し込みを忘れていなければ、第二部も覗けたのになあ……」とか思いつつ、会場をあとにして、駅まで徒歩。
なんぼか東京駅まで近いだろう、と、今度はJR信濃町駅を目指して歩き始めたものの、道に迷って結局JR千駄ヶ谷駅へ到着しちゃいましたが。

同じような会を来年以降も継続したい以降であることや、創元が「レモン月夜の宇宙船」を新装して出す予定あり、とか、「ジェイムスン教授」シリーズを全訳で出す構想があること、なんてのも聞けたので、「世の中捨てたもんじゃない」とか思いつつ終電で帰宅。

|

« 日帰り上京してきました | トップページ | 今週末と来週末の予定検討、もしくは金銭的影響についての考察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50395/42584064

この記事へのトラックバック一覧です: 「野田昌宏さんを偲ぶ会」に行ってきた:

« 日帰り上京してきました | トップページ | 今週末と来週末の予定検討、もしくは金銭的影響についての考察 »