« 聞き違いとか解釈違いかもしれませんが | トップページ | 振り替え休日 »

2009年2月26日 (木)

Lotus Symphony について

仕事では主に一太郎(JustSystem)と1-2-3(IBM/Lotus)を使っているんですが、一太郎はともかく、1-2-3は最早メーカーからも見捨てられた存在になっておりまして、Vista非対応、ということになっております(インストールできないことも無いらしいんですが)。

今のPCは職場も自宅もXPなんでどうにかなってるんですが、おそらく、次にPCを調達する時にはWindows7しか選択肢が無くなっていてインストールすら怪しいんじゃないかな、と。

そうなると困るのは今まで作ってきた「.123」形式のファイルでして。
マクロだとかややこしい関数だのはほとんど使ってないんで、最低限「.123」形式が読み込めればいいや、てなつもりでソフトを探していたんですが、これが中々ありません。
Excelは「.wk4」までしか読めない。
三四郎、で読めるかと思ったら、「.123」形式のうち、読めるのは1-2-3 98/97で作ったやつまで。うちの「.123」ファイルは大半1-2-3 2000で作ったやつなんでダメ。
OpenOffice.orgは1-2-3のファイル形式には全く対応してない。

ほぼ八方塞がってる状態だったんですが、先日、Lotus Symphonyてのを見つけました。

元々はLotus Notesの付属機能だったのを、OpenOffice.orgをベースにして改良した互換officeなようです。
メールアドレス、名前を登録するだけで無料で使えます。
中身はワードプロセッサとプレゼンテーション、表計算で、データベースとかチャート作成とかは無し。
こいつは頭に「Lotus」てついてるだけあって、1-2-3 2000形式の「.123」ファイルの読み込みにも対応してます(保存は非対応)。
大元のOOoと同様に、マルチプラットフォーム対応しておりまして、Windows以外に、MacOS XとかUbuntu、RedHatLinux用もあるようです。ただし、現状でWindows版はXPとVistaのみ対応(Win2Kにインストールしようとした所、蹴飛ばされました)。
PlugInで機能拡張できたりもするようですが、有用なのがあるんだか無いんだか、よくわかりません。
現在のバージョンは1.2。

ざっと触ってみた範囲では、普通に表計算業務をする程度なら特段の問題は無いと思われます。
「1-2-3 2000」では出来なかったセルの結合、とかも対応してますし。

ただし、問題というかもうちょっと、な所もいくつかありまして……

1)罫線がひきにくい
lotus symphonyで罫線を引くには、セルを範囲指定して右クリックから「テキストとセルのプロパティ」を呼び出して、そこで罫線の種類等々を指定するんですが、変更内容を反映させるには「ok」ボタンを押すしか無いプロパティシートなので、何か変更するとこのプロパティシートが閉じてしまいます。
罫線の種類を何種類か使い分けたり、複雑な形の罫線を引くには、何度も呼び出しを繰り返さねばならず、作業効率に難ありです。
win版1-2-3のようにプロパティシートを常時浮かばせていられて変更すると即反映するか、さもなくばExcel2007のような仕様が望ましい所。
罫線(と他一部機能)以外の「テキストとセルのプロパティ」はサイドバーなり浮動なりで常時表示で変更即反映なのが微妙に腹立たしい。

2)日本の元号に非対応
「平成21年2月25日」「H21.02.25」を日付として認識してくれません。
日付は西暦しか対応していないようです。

3)一部の関数の動作が違う
「.123」形式のファイルを読み込ませたところ、動作が1-2-3 2000と違う関数がありました。
気づいたのはPMT関数(借入金の元利均等返済額を求める関数)だけなんですが、1-2-3ではプラスの値で出るようになっていた結果が、(Excelと同様に)マイナスの値で出るようになってました。おそらく他にも同様のがあるんではないかと。
「.123」形式ファイルの読み込み時にメッセージでも出して、マイナス符号でも自動でつけてくれればいいのですが。

4)Windows版が2バイト文字のフォルダ/ユーザーアカウントにダウンロード/インストールできない
ソフトウェア内はちゃんと漢字も使えるんですが、今時のアプリケーションとは思えないことに、2バイト文字のユーザーアカウントだとインストールで失敗します。
ただし、これには回避策もあるようです。
ダウンロード時も2バイト文字が含まれるフォルダだと表示が化けるようなので、ダウンロード先も「c:\」あたりに変更してやってください。

まあ多少の難があるとはいえ、無料でこの程度使えるならば十分、という気もします。
当面はLotus 1-2-3 2000を使い続けて、Lotus Symphonyのバージョンアップに期待てことで。

以下、Lotus Symphony関連サイト

IBM Lotus Symphony公式サイト
http://symphony.lotus.com/software/lotus/symphony/home.nsf/home
Lotus Symphony本体、PlugIn等がダウンロードできます。
Forumやなんかもあるようですが、いかんせん英語なのが。

IBM DeveloperWorks Japan : Lotus Symphony
http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/products/symphony.html
日本語での操作ガイド、チュートリアルがあります。

EZITOPのホームページ
http://www.ezitop.jp/index.html
日本国内の中小企業診断士の方が開設されているサイト。近々NPO法人化とのこと。
ダウンロードの仕方、日本語名ユーザーアカウントでのインストール方法、コマンド一覧表、関数リファレンス、等々、Lotus Symphonyを使うにあたって有用な情報が日本語で書かれています。
(※ただし、version1.0に基づくようなので、インストール等、現行バージョンと違う箇所もある模様)

|

« 聞き違いとか解釈違いかもしれませんが | トップページ | 振り替え休日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50395/44186023

この記事へのトラックバック一覧です: Lotus Symphony について:

« 聞き違いとか解釈違いかもしれませんが | トップページ | 振り替え休日 »