« 記憶のかけら | トップページ | 恋のバッドチューニング »

2010年4月23日 (金)

『激弾娘あおい』を紹介してみる

外で昼飯を食べるとき、注文してからのちょっとした時間がなんとも手持ち無沙汰です。

と、いう訳で、携帯電話のゲームアプリをちまちま遊ぶことがあります。
最近のお気に入りは、『激弾娘あおい』(G-mode)とゆー2D縦方向シューティングでして、
自機の攻撃は誘導レーザーと多方向ショット、それに数量制限ありのボム。一言で言えば、「雷電」+「首領蜂」風。

プリレンダリングで割としっかり作りこまれた敵キャラが、結構殺意ありの攻撃パターンで追いつめてくれます(とはいえ、携帯電話の操作で避けられる程度ですが)。
全三面の各面のボスはちゃんとボスらしい大きさで画面を占めてくれますし、打ち込み甲斐も避け甲斐もあり。
連続して敵を倒すとコンボ数が上がり、得点が倍増していく(「首領蜂」風の)システムもあるので、スコア追求を目指すも良し。
特定条件(「アイテムを累計100個獲得」「プレイ開始から30日以上経過」等)を達成すると埋まる敵キャラ図鑑なんかもあるので、やりこむも可。

難を言えば、結構プレイ時間がかかることでして、大体、ノーコンティニューで2面ボスにたどりつく頃には注文した飯が来ていると言うことでしょうか。
おかげでまだ3面ボスを倒したことが数える程しか無いとゆー。

しかしまあ、携帯電話で遊べるシューティングゲームとしては、割と良い出来に思えますので、お暇な方はどうぞお試しを。
同システムで敵パターンとボス違いの姉妹編『激弾娘あかね』もありますので、お好みでそちらも(てか『あかね』のほうが先に発売されてました。あと難易度高いように思われます)。
auだと、どちらも105円の落としきりでした。

|

« 記憶のかけら | トップページ | 恋のバッドチューニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50395/48156972

この記事へのトラックバック一覧です: 『激弾娘あおい』を紹介してみる:

« 記憶のかけら | トップページ | 恋のバッドチューニング »