« 楊枝を指しても崩れない | トップページ | 2010八戸・三沢航空祭の旅・その2 »

2010年9月22日 (水)

2010八戸・三沢航空祭の旅・その1

そんな訳で、八戸、三沢の航空祭へ行ってきましたので備忘録代わりに。

0730新花巻駅にて同行の某夫妻と待ち合わせ、北上開始。
途中岩手山SAで休憩を挟み、八戸ICにて高速道路を降りる。
1024東京から臨時の新幹線「はやて」でやってきた某氏を回収。
カーナビの到着予想時刻を勘違いして、ちょっと早めに駅に着いたので、駅下の売店で買ったのがこちら。

Ssdscf0157

『八戸バーガー・サバーガー』
パンに鯖の唐揚げを挟んでおりまして、普通に食べられました。幽体離脱するようなものではありませんでした。
しかしネーミングセンスはちょっとどうかと。電人じゃないんだから。

海上自衛隊八戸航空基地へと急いだのですが、1045軽く渋滞しているあたりで、空を飛ぶP-3Cの編隊を目撃。記念式典冒頭のフライトだった模様。
このフライトに万一間に合えば、と、東京在住の某氏に新幹線を一本早めさせた甲斐がありませんでした。
二本早めさせるべきだったかなあ、と若干後悔。まあ二本早めさせるとなると向こうを朝5時頃に出発して貰わなきゃいけなかったぽいんですが。

なんのかので1100頃、海上自衛隊八戸航空基地到着。東門から入り、敷地内に用意された駐車場へ。
会場たるエプロンまでは徒歩7,8分。
到着してみれば、まだ記念式典の最中で、次のフライトまでは若干時間に余裕あり。
てことで、売店で各自何かしらの食料を調達&飲食。
まあ、八戸航空基地祭では、普通のお祭りの屋台でありそうな焼きそばだとかフランクフルトだとかしか無いんですが。

1130、P-3Cの編隊による飛行展示開始。

Ssdscf0161 Sss0020185

 

続いて1150、隣の陸上自衛隊駐屯地からやってきた(?)AH-1Sの飛行展示。

Ssdscf0263 Ssdscf0267

 

後半、ローターをうまくぶらせないかな、と、シャッタースピードを遅めに設定したところ、ほとんど白飛びしてたのに気付いたのは、約一時間半後の事でした。

 

(この項続く)

|

« 楊枝を指しても崩れない | トップページ | 2010八戸・三沢航空祭の旅・その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50395/49523263

この記事へのトラックバック一覧です: 2010八戸・三沢航空祭の旅・その1:

« 楊枝を指しても崩れない | トップページ | 2010八戸・三沢航空祭の旅・その2 »