« 2010八戸・三沢航空祭の旅・その2 | トップページ | お財布厳しいのに »

2010年9月24日 (金)

2010八戸・三沢航空祭の旅・その3

三沢航空科学館は通常、500円の入館料なんですが、今回は零戦レプリカの展示が追加料金200円で見られるとのことで、計700円を支払い、入館。  

Ssdsc01104 Ssdsc01107

科学ものの展示とか、飛行機とか、あちこち見て回り、一応、今回のお目当ての零戦五二型レプリカへ。

Ssdsc01119 Ssdsc01124 Ssdsc01133

……なんか、手作り感あふれてますね。
てか、零戦のちゃんとした復元機を見たことが無いので、これがどの程度再現してあるのか評価できない、とゆー。
実物もこんな感じだったのかもしれませんしねえ。
それはそれとして、カウルだけはやたらとリアルに見えました。

Ssdsc01152

今回は一行で、これにも乗ってみました。
座席が空気圧で上下するのですが、早い話がフリーフォール系のアトラクションのようなものです。時間は一分程度。
体重制限はありませんでした(一応)。

1600頃、航空科学館を出て、八戸市内の宿まで車で移動開始。
雨降りでしたし、車を停められるような所も無かったので、奥入瀬のガンダム像はまたも車上から眺めるだけで素通り。
1730、二戸在住の旧友某氏と合流、晩飯へ。
翌日も早起きなので、22時過ぎの三軒目で終了、解散。

Ssdsc01162 Ssdsc01164

その後、風呂入って寝ました。

20日朝0530起床。やっぱり雨模様。

0630三沢市内へ向け出発。カーナビ様の指示通りに進んでいったところ、気付けば奥入瀬のガンダム像前は通らないルートになっておりました。
去年は無理してルート変更したんですが、今回はそのままカーナビ様の指示に従って裏道をうねうねと。
三沢市内に入り、去年は駐車場だった市内某中学校へと行ってみたんですが、雨降りでグラウンド保護のためなのか、それとも最初から予定が無かったのか、今年は誰もおらず駐車場としては使えませんでした。
しょうがないんで、どこかに駐車場が無いか、と市内をうろうろ。通行止めやらでぐだぐだしたものの、割と正面ゲート近くに駐車場を確保。
0800前には基地内に入れました。

正面ゲート入ってすぐの所に会場までのバス待ち行列がありまして、とりあえずそれに並んだのですが、数分後、「会場側の手荷物検査で詰まっておりますので、バスが戻ってきません。歩いた方が早いと思います。」とのアナウンスが。
小雨の中、げんなりしつつ(同行者の某氏は歩くのが大好きとのことで、喜々としていましたが)徒歩十数分、ようやく会場到着。

0820、会場内には既に結構な人が入っておりまして、「最前列で」「屋台近く」な場所を確保しようと、会場西側へ。
地上展示機のA-10手前あたりに場所をとり、持参のレジャーマットを敷き、荷を降ろすとオープニングフライトのためなのか、F-2(?)が離陸していきました。

(この項まだ続く)

|

« 2010八戸・三沢航空祭の旅・その2 | トップページ | お財布厳しいのに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50395/49543665

この記事へのトラックバック一覧です: 2010八戸・三沢航空祭の旅・その3:

« 2010八戸・三沢航空祭の旅・その2 | トップページ | お財布厳しいのに »