« 腕が落ちたというレベルではない | トップページ | 朝から晩まで »

2014年11月30日 (日)

ネリスエアショー2014見物道中記1日目(2)

(大分久々だけど1日目=11月7日の続き。というか日本時間的にはほぼ2日目=11月8日だけど現地時間だとまだまだ11月7日だという。)

ロサンゼルス到着が現地1000、日本時間0300予定だったので、機内エンタテイメントシステムで映画を観ている同行者S氏を横に、早々に就寝。

……のつもりが、シートが身体に合わないのか、そもそもまだ日本時間だと2030くらい、全然眠れません。
が、とにかくおおむね横になって(エコノミーでは横にもなれないんだから、楽なのには違いない)、ノイズキャンセリングヘッドフォンを耳栓代わりにして、アイマスクして眼をつぶる。

ちょっとうとうとして、少し眠れたかなと思ったところで、日本時間0130頃に朝食。

「キッシュにするかシリアルにするか」と聞かれたので、 2000頃に晩飯食べて0130に重い朝ご飯は腹具合的に厳しかろう、てことでシリアルを選択。

Dsc_0509

隣のS氏はキッシュを選択。よく食うなー。
とか思いつつも、こっちも食べてみれば意外と入るもので、パンを配ってるキャビンアテンダントが近くに来たので、シナモンロールぽいものを追加。
シリアルの方にだけ、みかん粒入りヨーグルトが付いていて、学校給食を思い出す。

その後はすぐ着陸だし、寝直せる訳もなく、寝ぼけつつも日本時間0300頃(現地時間1000頃)、ロサンゼルス国際空港到着。
「アメリカ横断ウルトラクイズ」の鼻歌を歌いつつ、人の流れるほうへ付いて行き、入国審査の行列へ。

誘導の係員に「はじめて米国に来た人はそっちの列(?)」「米国居住者はあっちの列(?)」とか係員に言われたような気もするのだけれど、よくわからなかったので、同じ便に乗っていた日本人の並んでいる後に並んでみた結果、正解だった模様。
ヒアリングはさっぱりだけど、文字なら読める可能性もあったんで、「看板でも出してくれてれば良いのに」と思いつつ行列待ち。

なお、このあたりのエリアは写真撮影禁止とのことで、旅行会社からの案内書にもあんま細かいことは書いてなかったので、少々往生いたしました。

入国審査管になんて言われたのかよくわからないまま、「(目的は)さいとしーいんぐ」「(泊まるところは)らすべがす・もんてかるろほてる」等と、聞かれたらたぶんこう答えるのであろう回答をして、なんとか入国審査を突破。
その後、トランクケースを一度引き取り、出口近くの乗り換え用荷物預かり所で再度預けるという、よくわからない手順を踏み、到着したトミーブラッドレーターミナルの建物から、一度外へ出て、

Dsc_0516

ラスベガス行きの出る第4ターミナルへ徒歩5分ほど移動。

到着した第4ターミナルのどこに行けばいいのか、少々迷ったものの、建物奥側の吹き抜け二階に行列ができていて、「たぶんここだろう」と言う同行のS氏に促されるままに移動して、また行列最後尾へ。

パスポートとチケットを確認されたその先で、手荷物検査が(気分的には「また」)あって、カバンからノートPCは出して籠に、コンピューターぽいものは全部?金属ぽいものも?財布も?ベルトに靴も入れろって?ひっかかりそうなものは全部籠にいれて、X線検査のベルトコンベアへ流す。
本人も金属探知のゲートをくぐり、いい加減くたびれつつも、出したノートPCやらなにやら一式をもう一度収納して、ベルトに靴やらを身に着け直し、手荷物検査通過。

その先は第4ターミナルの出発エリアでした。

(※このあたり、記憶が少々曖昧なので、実際の手順とは違う可能性がありますが、誰かがネリスエアショウを見に行くためにアメリカン航空でロサンゼルス経由してラスベガスへ行く時の参考程度にはなるかも、と思い、なるべく細かく書いております。)

(※「ネリスエアショー2014見物道中記1日目(1)」に写真追加しました)

|

« 腕が落ちたというレベルではない | トップページ | 朝から晩まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50395/60734533

この記事へのトラックバック一覧です: ネリスエアショー2014見物道中記1日目(2):

« 腕が落ちたというレベルではない | トップページ | 朝から晩まで »