« まともに修理すると高いしなあ | トップページ | 今日はとっとと寝よう »

2016年6月25日 (土)

ヨーロッパのは全般に高難易度であるなあ

最近、海外エアショーのリンクまとめサイトから、あちこちの公式サイトを見て、「ああ、ここも行ってみてぇなあ」とかぶつぶつ言うております。

今時は、chromeみたいなブラウザだと、右クリックからかなりの多言語を翻訳してくれるんで(精度はともかく)、ドイツ語だろうがフィンランド語だろうが、おおよその意味はなんとかなります。
ヨーロッパ圏のエアショー公式サイトだと、英語以外の言語が主言語でも、上のほうに「EN」とか英国旗のアイコンかなんかが置かれてて、英語に切り替えられる所も多いですし。

 

まして、展示機体なんかは、ほとんど固有のアルファベット+数字の記号(「F-16」とかね)が付いてるんで、何か飛ぶとか置いてるとかは、大体把握できます。

んで、オーストリアの「AirPower」てエアショーのサイトを見ていたのですが、これ、豪勢ですねえ。

アクロバットチームが、フレッチェ・トリコローリ(イタリア)にパトルイユ・ド・フランス(仏)、パトルーラ・アギラ(スペイン)、ターキッシュ・スターズ(トルコ)、等々、8チーム?

現用戦闘機のソロディスプレイが、ラファールにタイフーンにMIG-29(ポーランド空軍)、トーネードにJAS39グリペン、おまけにSU-22フィッター、等々。

歴史的機体になると、P-51ムスタングなんかはわかります。
F4Uコルセア、P-38ライトニング、だとか、ハリケーン、シーフューリー、スーパーマリン・スピットファイア、メッサーシュミットのMe109あたりも多分いっぱい残ったんでしょうな。
YAK-3とかYAK-11が地上展示なのはむしろちょっとほっとします。

でも、Me262は飛行展示予定だそうです。ベルリンエアショウで飛んだという奴と同じ機体なんですかなー。

その他、デ・ハヴィラントのヴァンパイア、ホーカー・ハンター、サーブのSAAB37ビゲン、SAAB35ドラケン、SAAB29トゥンナン等々。

極めつけはフォッカーD.Ⅶも飛行展示予定ですか……。

これに輸送機とかヘリもなんか色々飛ぶ、て書いてますけど、もう、読んだだけでお腹いっぱい……。

あまりの豪華さに、正直、行けるなら行ってみたい気はします。

ただ、開催場所がオーストリアの山の中で、近所のホテルだのペンションだのは期間中はあらかた売り切れ。
最寄りの宿に余裕のある都市からは、車なら1時間半、鉄道だとあらかた2時間かかるみたいで、自力移動はかなり厳しい模様。
オーストリアなんで、ドイツ語だというのも難易度にプラスですし。

こうなると読売旅行のツアーとかを考えるとこですが、お値段も結構するんだよなあ……。
いや、エアショーの内容的には安いかもしんないけど……。
ミラマーも行ってみたいとか考えてたんだけど、こっちのは毎年開催のイベントじゃない、てのが悩ましいなあ……。

|

« まともに修理すると高いしなあ | トップページ | 今日はとっとと寝よう »

コメント

金銭的な問題をクリアできるならツアーに参加して行くべきだね。
これだけ拝めるなら30万のツアーもありじゃないか。
いや、もう冗談抜きで。

投稿: さかい | 2016年6月25日 (土) 09時51分

>さかいさんへ
やっぱりそう思うよねえ。
となれば、金銭はなんとかなるにしても、休みと体力かなー。
あと出来れば同行者。

投稿: BURAN(丹駒) | 2016年6月26日 (日) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50395/63825853

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパのは全般に高難易度であるなあ:

« まともに修理すると高いしなあ | トップページ | 今日はとっとと寝よう »